スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気そして予防

心不全の症状

心不全とは、心臓のポンプとしての機能が衰えることで、血液を十分に送り出せなかったり、戻ってきた血液をうまく取り入れられなくなった状態のことです。
心臓弁膜症や高血圧、冠状動脈硬化、心筋梗塞などあらゆる心臓疾患が最終的に至る症候群を意味します。

心不全はその出現の仕方により2つに区別されています。
心筋梗塞などによって起こる場合は急性心不全で、高血圧症や心臓弁膜症などによって徐々に起こってくる場合がうっ血性心不全と呼ばれています。
また、左心室の機能の低下によるものを左心不全、右心室の機能の低下によるものを右心不全とも言います。

症状としては、動悸、息切れ、呼吸困難、むくみがあります。
最初は 坂道や階段を上る時に動悸や息切れが起こりくらいですが、病状が進行すると平地を歩いるだけでも息苦しくなります。
さらに悪化すると、夜、床につくと咳が出たり、息苦しさで寝られなくなったりもします。
足にむくみが出ることもありあります。
他にも倦怠感、疲労感、食欲不振、体重減少、呼吸困難、動悸、不整脈、尿量減少、浮腫、 喀痰増加など。
日常的には、脈拍が速くなるというのが分かりやすい指標です。

これらの症状は、ポンプ機能低下に伴い全身の臓器に十分な血液が送れないことから起こる症状と、全身の血液が心臓に戻りにくくなったせいで、うっ滞することによって起こる症状に分けられます。

[PR]
マッサージ 世田谷
スポンサーサイト

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 病気

病気そして予防

狭心症、心筋梗塞について

狭心症の多くは心臓の筋肉に栄養を送っている冠状動脈が動脈硬化になることで、心臓へ十分な血液がいかなくなる為に起こります。

症状の軽いうちは痛みや圧迫感、息苦しさはしばらくするとおさまります。
だからといって狭心症が治ったわけではないので、そこで安心してはいけません。
狭心症の発作を繰り返していると、そのうちに心筋梗塞になりやすくなっているんです。

特に高血圧な方、糖尿病な方、肥満体質な方、コレステロールが高い方、運動不足の方などは要注意です。

どちらも血液をサラサラにし、血栓を溶かして血管を掃除することが大切です。
そうすることで、心臓への負担が軽減されます。
もっと基礎的な部分で心臓を強くしていくことも大事ですね。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 病気

プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。