スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気そして予防

結節性紅斑の治療

治療としては、結節性紅斑の
原因となっている薬の使用を中止して、
感染症がある場合は、その治療を行っていきます。

レンサ球菌感染が原因の場合では、
ペニシリン、セファロスポリンなどの
抗生物質を服用しなくてはならないようです。

結節は、治療をしなくても3~6週間ほどで
消えていくものなのです。

結節からくる痛みを抑えるためには、
安静にしておくことと、非ステロイド性抗炎症薬が
効果的とされています。

個々の結節は、ステロイド薬の注射でも治療できて、
結節が多い場合には、痛みを緩和するために
ステロイド薬かヨウ化カリウムの錠剤が
処方されることがあるようです。

◆マッサージ情報のご紹介◆
出張マッサージ 練馬区
マッサージ 下関市
スポンサーサイト

病気そして予防

結節性紅斑の結節

結節性紅斑の結節は、
主にむこうずねに現れてきて、
徐々にピンク色から、青みがかった茶色へと
変化していくところは、
腫れものやあざに似ていると思います。

また、発熱と関節痛もよくみられています。

胸部のリンパ節が大きくなって、
胸部X線検査でわかるようになるようです。

結節に痛みがあることが、
この病気の証拠となっています。

診断としては、
胸部X線検査、血液検査、皮膚生検、
などを併せて行っていきます。

病気そして予防

結節性紅斑の原因

細菌や真菌、ウイルスの感染から
結節性紅斑が起こることもあるようです。

結節性紅斑の原因として
最も多くなっているものの1つは
レンサ球菌感染で、
特に小児では多くなっているようです。

ほかに多い原因としては、
サルコイドーシス、潰瘍性大腸炎、
サルファ系抗菌薬や経口避妊薬などの薬が
あげられています。

さらに、さまざまな感染症や癌が
結節性紅斑を発症させると考えられているのです。

◆人気のマサージ情報◆
リンパマッサージを墨田区で体験しませんk
マッサージ学校は大阪にあります

病気そして予防

結節性紅斑

結節性紅斑とは、
皮膚の下に軟らかく、赤い隆起(結節)が
できる炎症性の病気のことです。

むこうずねによくできるのですが、
腕や、その他の部分にできることもあるようです。

結節性紅斑は、他の病気の症状として、
あるいは薬に対する過敏症としても
現れることがとても多く見られている病気です。

若い成人、特に女性が、
最もこの病気を発症しやすいとされていて、
数ヶ月から数年にわたって、繰り返し再発するようです。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

病気そして予防

多形紅斑の治療

多形紅斑は、自然に治っていく場合もあるようです。

かゆみが気になるという場合は、
標準的な治療を行っているようです。

ステロイドの経口薬が役に立つとされています。

口の中にできた水疱が痛んで
食事がしにくいという場合には、
リドカインのような局所麻酔薬を使用するようです。

それでもものが食べづらい場合には、
栄養と水分を点滴で静脈注射するのです。

繰り返し再発してしまう場合は、
最初の徴候が出た段階で、
アシクロビルなどの抗ウイルス薬の投与が
有効と考えられています。

◆人気のマサージ情報◆
人気がある出張マッサージ店は茨木で受けられます
マッサージ店を札幌北区で体験しましょう

プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。