スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピーそして精油

100%の精油であっても品質は様々

100%の精油であっても、品質は様々です。
アロマテラピーを通じて、精油を知った方の中には、精油はアロマテラピーのために生産されるものだと思っている方もおられますね。
それは間違いです。
世界中で生産される大部分の精油は工業用原料として消費されているのです。
工業原料用の精油としては問題がなくても、品質的にアロマテラピーでの使用には適さない精油も沢山生産され、市場に流通しています。
そうしたものがアロマテラピー用のものとして販売されていることもあります。
さらに問題は、混ぜものが加えられている商品が精油やエッセンシャルオイルの名称で販売されているケースがあるということです。

香りや見た目だけで精油の品質を判断するのは非常に難しいです。
世界各地に散らばる原産地から、小売店に到達するどこかの段階で不当な手が加えられることもあります。
販売者自身がそうとは知らずに純度100%の精油として販売している場合もあります。

精油選びにおいて第一に大切なことは、本当に自然の植物からのみ得られた、純度100%の信頼できるものを求めることです。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー 精油

アロマテラピーそして精油

天然で純度100%のものだけが

エッセンシャルオイル(精油)とは、自然植物の花や葉、木部、樹皮、果皮、根、種子などの部分に存在する天然の液体のことを言います。
そして植物の香り成分が凝縮されて含まれているものなのです。

アロマテラピーとは、植物から取り出したこのエッセンシャルオイル(精油)を色々な方法で用いることで、その働きを心身に取り入れる自然療法です。
天然で純度100%のものだけがエッセンシャルオイル(精油)と呼ばれる権利を持っています。
なんらかの混ぜものが加えられたり、植物の香りに似せた人工のものとは明確に区別されます。

雑貨店などでは、人工的に香り付けされたオイル(フレイグランスオイル、ポプリオイルなどの名称で販売されていることが多い)も、エッセンシャルオイル(精油)と似た形で小さな瓶に入れて販売されています。
似たように見えるかもしれませんが、これらは通常、合成香料やアルコールなどが入っています。
ですので、アロマテラピーに使用することはできませんので注意してください。

誤って使用した場合、正しい効果が期待できません。
場合によっては、逆効果に場合もあります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー 精油

アロマテラピーそして精油

香りの健康法

アロマとは芳香、テラピーとは療法のことです。
つまるところ香りの健康法と言えます。
そのなかでアロマテラピーで用いる香りとはハーブや香木、樹脂、花などの植物が主原料となります。
これらの植物から抽出された香気成分を精油と呼びます。
植物の香りで嗅覚や触覚を刺激する色々な方法を使用します。
芳香浴、入浴、マッサージなどにより健康へと導くのがアロマテラピーなのです。

香りが身体に吸収される経路はふた通りあります。

まず、香りを嗅ぐことで鼻から香り情報が脳の中枢にまで到達していく方法ですね。
その際に大脳辺縁系という部分を通ります。
大脳辺縁系は主に情動や本能に深く関与している場所です。
さらに香り情報は視床下部という場所に到達します。
自律神経系や内分泌系に影響を与え、身体のバランスを整えるのに役立つといわれています。

もうひとつは、マッサージなど触覚を利用した場合に、皮膚を通して香りの有効成分を浸透させる方法です。
こうすると血液やリンパ液を介して身体中に働きかけてくれます。

このように香りの有効性分は、身体に現れた症状と精神状態の両面に、同時にアクセスします。

まれに飲むという方法もあるのですが、こちらは医学的な知識が必要なので専門医の監視が必要です。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー

アロマテラピーそして精油

ハーフサイズの精油

アロマ初心者の段階だと何をどうすればいいか迷うかもしれません。
とりあえず、少し指針のようなものを示してみようかと思います。

最初は、何が自分に合っているかもわからないと思います。
ですので、安価なちっちゃいボトルのミニサイズから始めてみるというのは、どうでしょうか。
価格が安いので、ちょっとずついろいろ楽しむこともできますし、何本かそろえると、見た目もかわいいですね。
アロマを始めたという気になって、自分の中で盛り上がれるかもしれません。

そうやって数多い精油の中から、自分にあったものを探して出してください。

また、お店によってはアロマポットなどもあわせた初心者キットのようなものを販売されている場合もあります。
そういったものを利用するのも良いかもしれません。

とりあえず、迷ったなら精油に関してはラベンダーをおすすめします。
やっぱり、アロマテラピーの精油の代表格ですので。

また、ふだんは買えないような高めのオイルを楽しみたい時にも、ハーフサイズは良いかもしれません。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー 精油

アロマテラピーそして精油

アロママッサージとマッサージオイル

アロママッサージは、精油を皮膚から吸収することと、香りによる心理作用との両方の作用が期待出来ます。
使用するマッサージオイルも簡単に作ることができます。
何種類かの精油と植物油を混ぜ合わせるだけですので。

マッサージオイルを作る場合に、精油を薄めるのに用いるのがキャリアオイルです。
キャリアという言い方は、有効成分を皮膚の内部に効果良く運んでくれる役目を果たすことに由来しています。
またキャリアオイル自体も、有効な成分を含んでいるので、精油とともに様々な働きを期待できます。

一般的に精油はキャリアオイルに約1%の濃度に希釈して使います。
1%の濃度は、キャリアオイル30mlに対して精油6滴(1滴=約0.05ml)が目安となります。
敏感肌でしたら半分の3滴で、幼児や赤ちゃんは1滴を目安にしましょう。
後は、遮光ガラス瓶にキャリアオイルと精油を入れ良く振って混ぜ合わせるだけで完成です。
作ったマッサージオイルは、日付と使った精油及びオイル名を記したラベルを付けて冷暗所に保存します。
しかし、だいたい2~3週間を目処に使い切ってくださいね。

また、肌が弱い方などは、マッサージをする前にパッチテストをします。
作ったマッサージオイルを一滴、ひじの内側などの敏感な部分につけて、一日おきます。
赤くなったり、かゆくなるようだったら、使用は控えるようにしてください。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー マッサージ 精油

プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。