スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピーそして精油

香りの健康法

アロマとは芳香、テラピーとは療法のことです。
つまるところ香りの健康法と言えます。
そのなかでアロマテラピーで用いる香りとはハーブや香木、樹脂、花などの植物が主原料となります。
これらの植物から抽出された香気成分を精油と呼びます。
植物の香りで嗅覚や触覚を刺激する色々な方法を使用します。
芳香浴、入浴、マッサージなどにより健康へと導くのがアロマテラピーなのです。

香りが身体に吸収される経路はふた通りあります。

まず、香りを嗅ぐことで鼻から香り情報が脳の中枢にまで到達していく方法ですね。
その際に大脳辺縁系という部分を通ります。
大脳辺縁系は主に情動や本能に深く関与している場所です。
さらに香り情報は視床下部という場所に到達します。
自律神経系や内分泌系に影響を与え、身体のバランスを整えるのに役立つといわれています。

もうひとつは、マッサージなど触覚を利用した場合に、皮膚を通して香りの有効成分を浸透させる方法です。
こうすると血液やリンパ液を介して身体中に働きかけてくれます。

このように香りの有効性分は、身体に現れた症状と精神状態の両面に、同時にアクセスします。

まれに飲むという方法もあるのですが、こちらは医学的な知識が必要なので専門医の監視が必要です。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー

プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。