スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッサージそしてアロマ

精油の扱い方

アロマオイルは日光の影響を受けやすいため、基本的に青か茶の遮光ビンに入っています。
ビンにはキャップがついています。
キャップをあけると、ドロッパーがついています。
ドロッパーはオイルを1滴ずつ落とすためのもので、1滴の量はおよそ0.05mlです。

アロマオイルをたらすときは、ビンを静かに傾けて、1滴ずつ落とすようにしましょう。
またはビンを傾けて自然にアロマオイルが落ちてくるのを待ちましょう。

アロマオイルの粘性により、オイルがビンから出にくかったり、また大量に出たりすることがあります。
例えばサンダルウッドやベンゾイン、ベチバーなどですね。
アロマオイルが出にくい場合はむやみに振ったりせず、逆さにした状態でしばらく保持しましょう。
逆に、大量に出てしまう場合は、ビンを少しずつ傾けるようにして下さい。

ビンやキャップについたアロマオイルは、きれいに拭き取っておくと安心です。

精油は天然成分を利用しているため、保存環境には気を使うべきです。
日光や熱などの影響を受けやすいですので、風通しのよい冷暗所で保管しましょう。
また、湿気や火気も厳禁です。

精油は、揮発性が高く、空気にふれると酸化していきます。
使用後は必ずキャップをしめるようにしてください。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー 精油

プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。