スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気そして予防

結節性紅斑の治療

治療としては、結節性紅斑の
原因となっている薬の使用を中止して、
感染症がある場合は、その治療を行っていきます。

レンサ球菌感染が原因の場合では、
ペニシリン、セファロスポリンなどの
抗生物質を服用しなくてはならないようです。

結節は、治療をしなくても3~6週間ほどで
消えていくものなのです。

結節からくる痛みを抑えるためには、
安静にしておくことと、非ステロイド性抗炎症薬が
効果的とされています。

個々の結節は、ステロイド薬の注射でも治療できて、
結節が多い場合には、痛みを緩和するために
ステロイド薬かヨウ化カリウムの錠剤が
処方されることがあるようです。

◆マッサージ情報のご紹介◆
出張マッサージ 練馬区
マッサージ 下関市
プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。