スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマテラピーそして精油

アロマバスを楽しむ

精油で自分の好みにあった入浴剤を作り、アロマバスを楽しむこともできます。
もちろん、ハンドバスやフットバスも可能です。
アロマバスの利点は、香りを鼻から吸い込むだけではなく、有効成分を皮膚からも吸収する効果が期待でる部分です。
芳香浴とマッサージ両方の効果が期待できるわけですね。

アロマバスはリラクゼーション用なら、精油を入れたぬるめのお湯でゆっくり15分以上、リフレッシュ用なら少しだけ熱めのお湯で、短めに入浴するのが良いですね。
精油は、全身浴なら4~6滴で半身浴なら3~4滴といったところです。
決まった量はないので、少ない量から徐々に試していくのもよいかもしれません。

またアロマバスの楽しみ方として、バスソルトやバスボムを作って楽しむ方法もあります。
バスソルトは、塩大さじ1に精油を5滴ほど混ぜたものをお風呂にいれます。
バスボムは、重曹大さじ3、クエン酸大さじ1をジップロックなど密閉性の容器に入れて、好みの精油を5滴ほど混ぜ合わせます。
もっと固めたい場合は、さらにコーンスターチを大さじ1、グリセリンを少々入れると良いでしょう。
泡立つのが楽しいバスボムですが、重曹は血行を促し冷えや美肌に役立ち、クエン酸は収斂性があるので皮膚組織を引き締めてくれるという効果もあります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : アロマテラピー 精油

プロフィール

massageforce

Author:massageforce
身体にも心にも効果のあるマッサージを皆に伝えて行きたいです!

検索フォーム
ブログパーツ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : マッサージでストレスフリー

フィードメーター - マッサージでストレスフリー

  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。